レジンピアス

短冊レジンピアスとウェーブのメタルパーツ

更新日:

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
今日は長方形のミニシリコンモールドを使って短冊レジンピアスを作り、ウェーブのメタルパーツを合わせてみようと思います。

スポンサーリンク




ミニシリコン(長方形)紹介

こちらが今回使用する長方形のミニシリコン(左側)です。
サイズは(左)2.1×0.8×厚み0.5cm(右)2.1×1.2×厚み0.5cmです。
厚みは調節でき、サイズ感が可愛らしくてオススメです。
ピアス以外にもネックレスなどにも使えると思います。
ウェーブのメタルパーツはパーツクラブというお店で購入しました。
このパーツ以外にもかわいいメタルパーツが売っていました。
ピアス金具も同じお店で購入しましたが、シンプルなのでいろいろなデザインに合わせやすく、作りもしっかりしているのでとても良いと思います。
素材選びに悩んだり迷ったりした時など、良かったら参考にしてもらえると嬉しいです。

短冊レジンピアス作り方

用意したもの

レジン KIYOHARA つまようじ
UVレジン液 つまようじ
UVライト 瞬間接着剤
UVライト 瞬間接着剤
短冊0805-8 短冊0805-9
ミニシリコン ピアス金具
短冊0805-7 短冊0805-1
ストーン・ブリオン等 ウェーブメタルパーツ
丸カン 短冊0805-0
丸カン デザインフィルム
ピカシャインダスト(白 タミヤ艶出しニス
シャインダスト(ミラーホワイト) 艶出しニス
ヤスリ 平やっとこ
ヤスリ やっとこ類

短冊レジンピアス作り方

短冊0805-8
1.ミニシリコンに薄くレジン液を入れます。
気泡をつまようじで取るか、エンボスヒーターで消します。
ホコリなどが入っていないか確認し、UVランプで2分くらい照射してレジン液を硬化します。
短冊0805-6
2.硬化したら、またレジン液を薄く入れ、ラメを入れてキラキラにしました。
UVランプで2分くらい照射してレジン液を硬化します。
短冊0805-5
3.着色します。デザインフィルムを中に封入すると色つけが簡単でした。
お好みの厚みになったら、シリコンから取り出し、四隅のバリをはさみでカットします。
金ヤスリで削って平らにしていきます。
側面などもガタガタしている場合は削ります。
短冊0805-3
4.貼り付けタイプのヒートンを接着剤でつけます。
表面にストーンやブリオンも飾ります。
(写真は裏面)
接着剤が乾燥したら、仕上げに艶出しニスを塗って、しっかり乾燥させます。
ヒートンに丸カンをつけておきます。
短冊0805完
5.ピアス金具に通して、先の部分を軽くペンチなどで挟んで閉じます。
完成です。

短冊レジンピアス作りの感想

長方形のミニシリコンがピアスを作るのにちょうど良いサイズ感でした。
厚みは写真の奥の青のストーンがついているのが、シリコンで作る最大の厚み(5ミリ)で作ったものです。
自分の好みで厚みを調節して作れますので、短冊ピアスは2ミリくらいの薄めで作ってみました。
作っている途中で気が付きましたが、デザインフィルムの向きを間違えてしまいました(汗)
レジンだけでも良いのですが、ウェーブのメタルパーツをプラスすることで曲線が女性らしく長さも出るので華やかな印象になるかと思います。
ウェーブのメタルパーツは先端に穴が空いているので直接通すだけでピアス金具に付けれます。
ピアス金具も下からくぐらせて先端を閉じる構造になっていてとても簡単に取り付けることができました。
(お店で買ったものはキャッチはついていませんでした)

ミニシリコンは他にもいろいろな形があって、レジンアクセサリー作りにオススメです。

また何か発見したら書こうと思います。

良かったらみなさんもミニシリコン型を使って、レジンアクセサリーを作ってみてください。
ここまで読んでいただき、ありがとうごさいました( ´ ▽ ` )ノ

★ランキング参加しています★
↓ポチッと押していただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへにほんブログ村







-レジンピアス

Copyright© ハンドメイドアクセサリー Natural レジン , 2021 All Rights Reserved.