オススメ素材

ガラスリボンのヒートンでレジンモチーフを華やかに☆

更新日:

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
今日はガラスリボンのヒートンを使ってレジンピアスを作ってみようと思います。

スポンサーリンク




【ガラスリボン】のヒートン紹介

リボン0902-3
こちらが今回使用するヒートン「ガラスリボン」です。
大きさはリボン部分(縦・約5.5mm×横・約13mm×厚み・約4mm)
ヒートン部分(太さ・約1mm 長さ・約3mm)
通し穴サイズ(約2.5mm)です。
ガラスリボンがついているので、とても華やかでかわいい作品に仕上がると思います。
素材選びに迷ったら、参考にしてもらえるとうれしいです。

ガラスリボンヒートンでピアス作り

用意したもの

レジン KIYOHARA つまようじ
UVレジン液 つまようじ
ミルキー0823-12 ミルキー0823-11
ミルキーホワイト カラーレジン(セリア)
UVライト 瞬間接着剤
UVライト 瞬間接着剤
リボン0902-9 リボン0902-20
穴有り雫シリコン ヒートン「ガラスリボン」
ヤスリ 平やっとこ
ヤスリ やっとこ・ピンバイズ
リボン0902-7 丸カン(金)
ピアス金具 丸カン

「ガラスリボン」ヒートンのレジンピアス作り方

リボン0902-10
1.ミルキーホワイトをシリコンの上の部分につまようじですこしずつ流し込んでいきます。
上から見ただけではわからない下の方に気泡が入りやすいので注意します。
小さいシリコンの場合、エンボスヒーターでは気泡が取り除きにくいので、
つまようじでレジン液を少しずらしてシリコンの隅にレジン液が行き渡るようにします。
つまようじでゴリゴリするとシリコンに傷がつくので、優しくチェックします。
リボン0902-8
2.下半分はカラーレジンの赤とミルキーホワイトを混ぜたピンクを流し込みました。
白と赤の部分をつまようじで軽くツンツンして境目をぼかします。
気泡やホコリがないかチェックしてからUVライトに2分あてて硬化します。
硬化不良を防ぐために、裏向きにして反対側も硬化しておきます。
リボン0902-5
3.バリを処理します。
厚みが薄い部分はレジン液をのせてUVライトに2分あてて硬化します。
硬化したらヤスリをかけて、平らにしていきます。
細かい粉が出ますので、マスクや保護メガネなどすると安心です。
※気泡が入ってできた穴は、同じ色のレジン液を盛って硬化し、ヤスリで削ればふさがります。
ヒートンの穴を上部中心にピンバイズであけます。
リボン0902-2
4.ヤスリがけで表面が白くなってしまったので、つまようじで側面や裏面をレジン液を薄く塗って硬化します。
最後に表面も同じようにコーティングして、硬化します。
リボン0902-6
5.ガラスリボンのヒートンとピアス金具を丸カンでつなぎます。
リボン0902-3
6.ヒートンの長さを調節するために1〜1.5ミリくらいカットします。
リボン0902-00
7.ヒートンを接着剤でつけます。
付きにくい場合は、レジン液で固定してから、接着剤を上からつけます。
完成です。

「ガラスリボン」ヒートンのレジンピアス作り感想

ガラスリボンのヒートンはとても可愛くていろいろなモチーフに使えると思います。
モチーフがシンプルになりすぎた時など、このガラスリボンのヒートンをつけてあげるだけで華やかに仕上がると思います。
使い方は普通のヒートンと同じなので簡単でオススメです。
人気商品なのか、すぐに売り切れてしまう可能性があるので、もし売り切れてしまったら、すみません。

着色は最近はまっているミルキーホワイトとミルキーピンクで甘めにしてみました。
今回はミルキーホワイトにセリアのカラーレジンの赤を混ぜて色を作ったのですが、
最近ミルキーピンクが販売されていたので、今度使ってみようと思います。

初心者さんにも簡単に作れますので良かったら参考にしてみてください。
また何か発見したら書こうと思います。

良かったらみなさんもガラスリボンのヒートンを使って、かわいらしいレジンモチーフを作ってみてください。
ここまで読んでいただき、ありがとうごさいました( ´ ▽ ` )ノ

★ランキング参加しています★
↓画像をポチッと押していただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへにほんブログ村







-オススメ素材

Copyright© ハンドメイドアクセサリー Natural レジン , 2021 All Rights Reserved.