レジンピアス

スワロフスキー(Vカット)入りレジンピアスの作り方

更新日:

こんにちは( ´ ▽ ` )ノ
今日はスワロフスキーを封入したレジンピアスの作り方を紹介させていただきます。

スポンサーリンク

スワロフスキーについて

Vカット スワロ

スワロフスキーとはスワロフスキー社の独自の技術でカットなどの加工をした製品のことです。
特殊なカット加工がしてあり、手間をかけて作られていますので、とても綺麗に輝きます。
今回このスワロフスキーを使ってレジンピアスを作ってみようと思います。
レジンに封入する時の注意点は、上の写真のようにVカットになっているものを使います。
平らなストーンは、封入しても立体感が無くなってしまいます。

スワロフスキー入りレジンピアス作り

用意したもの

UVレジン KIYOHARA UVライト モールド しずく
UVレジン液 UVライト モールド(雫)
ジュエルラビリンス 正方形 乱切ホロ Vカット スワロ
ラメ 乱切りホログラム Vカットスワロ
ピアスの金具 ニス3 平やっとこ
ピアス金具 ピンバイス やっとこ

作り方

スワロピアス1
1.雫のモールドにレジン液を少し入れて、スワロフスキーとパールを入れます。
配置が決まったら、気泡やホコリを取り除いてからUVライトに2、3分照射して、硬化します。
スワロピアス2
2.レジン液を入れ、乱切りホログラムとラメを入れて硬化します。
スワロピアス3
3.2の工程を何度か繰り返して、お好みの厚さに仕上がったら、型から取り出して、バリ処理します。
雫のレジンモチーフの完成です。
スワロピアス4
4.雫モチーフにピンバイスで穴をあけます。
削った粉が出ますので、吸い込まないように気をつけて下さい。
粉がたくさん出るので、写真はガムテープの上で作業しています。
スワロピアス5
5.穴があいたらレジン液をつまようじなどに少し付けて、ヒートンの先端と穴に塗ります。
ヒートンを穴にさしてUVライトに照射します。
ズレやすいので、手で押さえたまま照射します。
固まったら、念のために裏面からも光をあてて、ヒートンがきちんと接着しているか確認します。
すぐに取れてしまうようなら、もう一度、レジン液を付けて硬化し直します。
【アクセサリーの加工について】
レジンのアクセサリー加工方法と加工用パーツ・道具の紹介のページに詳しく記載していますので、良かったら参考にしてみてください。
スワロピアス完成
6.丸カンとヒートンをつなげて、ピアス金具とつないだら完成です。

スワロフスキー封入の失敗例

3層目(奥の方)に封入すると…

スワロ失敗例

写真ではわかりずらいのですが、奥の方にスワロフスキーを封入すると、立体感がわかりずらく、歪んで見えます。
シリコンモールドの形状にもよりますが、この雫型シリコンモールドで作った場合、ぷっくりと仕上がりますので、見る角度によっては、せっかくのスワロフスキーが歪んでしまい、残念な感じに仕上がってしまいました。
シリコンモールドは、手前(1層目か2層目)に入れる方が綺麗に仕上がると思います。

スワロフスキー入りレジンピアスを作った感想

レジンを始めて間もない頃、平らなストーンを封入してみたところ、銀色のシールが入っているようになってしまい、立体感が無くなってしまいました。
いろいろ調べると、Vカットのものなら大丈夫と知って、試してみたところ、ちゃんと立体感もあり綺麗に作品を作ることができました。
スワロフスキーはとくに綺麗なので、レジン封入にオススメです。
スワロフスキー入りのレジンアクセサリーを作って友達や家族などにプレゼントしたりするのも良いですね。
良かったらみなさんも作ってみてください。

★ランキング参加しています★
↓ポチッと押していただけると嬉しいです↓
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 透明樹脂・レジンアクセサリーへ
にほんブログ村

-レジンピアス

Copyright© ハンドメイドアクセサリー Natural レジン , 2021 All Rights Reserved.